延岡学園バスケットボールメンバーコンゴの留学生が審判を殴った?真相を調べてみた

延岡学園のバスケ部留学生が試合中審判を殴るという事件が起きた。その選手はどうやらコンゴからの留学生であるらしい。今回は2018年6月17日のバスケの試合中に起きた延岡学園バスケ部の留学生が審判を殴った詳細や、その殴った選手がコンゴからの留学生なのかについて調べてみました。


スポンサーリンク

延岡学園のバスケ留学生が審判に暴行?理由は!

2018年6月17日に行われた全九州高校体育大会の男子準決勝で、延岡学園(宮崎代表)VS福岡大大濠(福岡代表)の試合中にて、延岡学園バスケ部でコンゴ留学生が審判を殴ったという事件が発生しました。

殴った理由とされていることは、審判のファウルジャッジに不服があったことからだと日本バスケットボール協会が発表しました。

この当事者の審判の男性は、顔面を強打されて流血しコートに他織り込みました。すぐさま病院へ搬送されましたが意識ははっきりとしていたようです。しかし口の中を10針も縫うほどの大怪我だったようです。

ゲームの内容は第4クォータ小残り40秒で66-78で福岡大大濠にリードされていました。そんな中での事件。この事件の内容はすぐさまネット上に動画が出回っていてとても大騒ぎとなりました。ついこの間日大アメフト部の「悪質タックル」が大騒ぎになっていましたが、今度は高校バスケが大騒ぎとなってしまいました。試合中とは言えどもこれも「傷害罪」に匹敵するのではないでしょうか。今回は日大アメフト部の事件とは違い、監督やコーチの指示はなかったともいますが、選手の身勝手な行動やプレーで負傷者が出てしまう事態となりました。今大会の高体連はもちろんウィンターカップの出場すらも危うくなってしまいました。

今後延岡学園としても対応に追われる事でしょう。

ではその事件を起こしてしまった当事者の選手は誰なのでしょうか。

延岡学園審判を殴ったのは誰?

今回の事件を起こしてしまった選手は、コンゴ出身の留学生であるようですが、現在の所延岡学園バスケ部のホームページは削除されていました。しかし延岡学園バスケ部にはコンゴから2人の留学生がいます。どちらかが当事者という事で間違いないと思われます。その二人のプロフィールを調べてみました。

氏名:ムカ・カバンゴ・フランシス
生年月日:2001年4月30日
出身国:アフリカ・コンゴ民主共和国
身長:201㎝
体重:91㎏
ポジション:センター

氏名:ペティ・ヴァカ・エルビス
生年月日:2002年12月1日
出身国:アフリカ・コンゴ
身長:204㎝
体重:86㎏
ポジション:センター

この二人のどちらかが当事者であることは間違いないようです。今後詳細については明らかになっていくことでしょう。その時は追記をしていきます。

延岡学園バスケ留学生が殴った審判は誰?

この時殴られた審判は誰なのでしょうか。

現在のところ詳細や報道などの情報がなくわかりませんでした。

審判もまさかこんなことになるとは思いもよらなかったでしょう。プロや社会人でもこのようなことはないように思いますが、まさか高校生の試合でのことですからなおさらです。

その事件後すぐに加害選手と監督は大村警察署に行き経緯を説明し、審判の男性と警察署で直接会って謝罪をしたとのことでした。その謝罪に対し審判の男性は「今回のことでバスケを嫌になってほしくない」と言っていたようです。そして今回の件についての被害届は出さないという事になったとか。

いくら審判とは言えどもおそらくバスケットボールの経験者であるのではないでしょうか。この年頃の選手の気持ちをしっかりと受け止めて理解をしている方だという事がうかがえますね。

延岡学園のバスケの暴行動画はあるのか?

ユーチューブでアップされているものがありました。

はっきりと映っていますね。この後審判はそのまま単価で運ばれたようです。

延岡学園のネット上の反応は?

この件に関しネット上では賛否がたくさんありました。

「出すべきだと思うけれどね。お互いのために。バスケを嫌いになって欲しくない、なんてきれい事どこから出てくるの?むしろバスケを汚した、なめているのか、とするべきだと思う」

「俺は審判を支持するよ。その後、直接会って謝罪があって…そういう気持ちになったんだろ?ならそれでいいただ、学校側だったりその他諸々は何にも無しではあかんけどな」

「殴られた審判員の決めたことを尊重してあげるべきだ。審判員をする人物は立派である」

「今回の事態は仮に被害届を出しても出さなくても辿り着く所は一緒だと個人的に思う。被害者側が人格者なんだろうな…」

「出すべきだ。相手が留学生なら尚更だ。毅然とした対応を取らないと、これ以降、日本の審判だけでなく、選手にまで影響を及ぼす。最悪は舐められる事になるし、試合の公平性を保てなくなる」

「残念な試合ですね。未成年者による学校教育の観点からも、警察権力を入れないで、学校、協会で対応するというのも賢明な対応だと思う」

「外国で問題を起こすことの恐さを知らないんだね。助っ人を甘やかすからこうなる。スポーツ強豪(補強)校、ってのもソロソロ見直したらいいんじゃないかな。インターハイ、ウィンターカップも他の学校見てみたいな」

「高校が勝つためだけに受け入れている、スポーツ留学生は禁止にすれば?」

「許されない行為。
この体格の選手に殴られれば命に関わるよ、、
厳罰は避けられないよね」

「これは外国人であることを抜きにしてもアウトな案件。退学相当だろうな。更生は親御さんがおこなってください」

「これは酷すぎでしょう。まさか高校スポーツの試合中にこんな暴力事件が発生するとは。学校、選手に厳正な処分が下されるべきです」

「日大アメフト部のように監督の指示だったらどうするよ!」

とまあこのように様々な書き込みがありました。いずれにしても今回の件はしっかりとした処分と対応をしなければいけないのではないでしょうか。

延岡学園バスケ部の今後は?

今回に延岡学園の事件はとても重く受け止めるべき問題だと思います。これまでにも高校生のクラブ所属中に起こした事件はたくさんあります。仙台育英高校野球部やPL学園の飲酒問題などこのほかにもたくさんの事件がありました。ただ単に没収試合にするだけで終わってはいけないと思います。

確かに審判も人間ですからミスジャッジもあることでしょう。しかし審判相手に試合をしているわけではないので明らかに今回の事件は選手が悪いですよね。

なんでもルールと言うものがあります。そのルールは真剣に勝負する舞台で安全を守るためにあるのです。その他にも交通ルールや船舶のルールや航空のルールなど、すべて安全のためにあるのです。それをしっかりと見て危険なプレーを指摘してくれてスムーズにゲームを進行させてくれるのが審判でありオフィシャルです。選手はそのことに感謝をしてプレーしなければならないと思います。

延岡学園のバスケ部は伝統があり有名ですがその卒業生やメンバーはどのような方なのでしょうか。


スポンサーリンク

延岡学園バスケ部のメンバーやOBの詳細は?

延岡学園は宮崎県にある小・中・高で男女共学の一貫校です。知っている方は多いと思いますがスポーツ系のクラブがとても強く全国レベルの学校です。やはり伝統もあり卒業生も有名な方が多いですね。

〇新鍋理沙:バレーボール選手(ロンドン五輪代表)

〇ファイブ・パプ・ムール:バスケットボール選手

〇月野雅人:バスケットボール選手

〇草野大輔:元プロ野球選手

〇大和富士充:力士

などこの他にもたくさんの有名な方がいて多くの選手が卒業しています。

⇒田臥勇太の記事はこちら

⇒富樫勇樹の記事はこちら

⇒田中大貴の記事はこちら

延岡学園バスケ部の留学選手が審判を殴る?その選手はコンゴからの留学生なのかについて調べてみた!まとめ

今回は延岡学園バスケ選手が試合中に起こしてしまったことについて調べてみました。加害者の選手は留学生ではないかと思われます。その本人の詳細については公表されていませんが、今後は徐々に明らかになっていくのではないでしょうか。延岡学園のバスケ部と言えば全国を制覇できるほどの選手がいて実力があると思っていましたが、今回の件はとても残念ですね。この問題もまだ解決はしていません。これからに注目です。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

error: Content is protected !!