本田望結の高校と実家はどこ?スケートのレベルや成績は!

引用:pinterest

色々な分野で活躍されている本田望結。女優でありながらフィギュアスケートの選手でもあります。そんな本田望結の高校や実家はどこなのでしょうか。スケート選手としてのレベルや成績はどうなのでしょうか。今回は本田望結の実家や高校はどこかや、スケーターとしてのレベルと成績について見ていきましょう。


スポンサーリンク

本田望結の高校や学歴は?

いろいろな方面でマルチに活躍されている本田望結さん。

本田望結さんが通われている高校は私立の「青森山田高校」です。

しかも現役の女子高生です!

青森山田高校と言えば、とてもスポーツに力を入れている学校で有名です。

みなさんもご存知の通り、「サッカー」や「硬式野球」は全国大会出場校の常連校としても有名ですよね。

その青森山田高校では「普通科スポーツコース」に席を置かれています。

本田望結さんは姉の本田真凜さんの影響を受け「フィギュアスケート」をやられています。

青森山田高校はサッカーや野球だけでなく、その他のスポーツでも強豪として知られていて本田望結さんのフィギュアスケートも有名です。

ちなみに青森山田高校を卒業されているアスリート有名人もとても多くいらっしゃいます。

例えば卓球の「福原愛」さんやテニスの「錦織圭」さんなどの出身校も青森山田高校です。

一流アスリートを排出しているなんてすごいですよね!

きっと指導者や環境にとても恵まれていることが伺えますね。

現在も高校現役で芸能界とスポーツの二刀流で頑張っていらっしゃいます。

卒業予定は2023年3月との情報もありました。

そんな本田望結さんの実家はどこなのでしょうか。

本田望結の実家はどこ?

本田望結さんは京都市伏見区にあるそうです。

京都の伏見といえば”豪邸”が浮かんできます。

郊外型のベットタウンでとても人気のある住宅街です。

その伏見区ではご両親と兄妹5人の、7人家族でいらっしゃいます。

ご両親もスポーツに対してとても熱心であるようで、なんと自宅の駐車場を改装してトレーニングルームを作ってしまうほどだとか・・・

その広さなんと40㎡くらいもあるようです。

さすが豪邸!

そこで本田望結さんは日々トレーニングを重ねられていたそうです。

あるテレビ番組では実家のトレーニングルームを紹介されていて、そこで姉の本田真凜さんが取材に応じてる姿もありました。

自宅にトレーニングルームなんて外国のハリウッド俳優並みの環境ですね!

すごすぎ!

本田望結の兄妹は?

先程からちょくちょく出てくるお姉さまの「本田真凜」さん。

引用:pinterest

他にもご兄弟がいらっしゃいます。

本田望結さんのご兄弟は5人いらっしゃいます。

引用:pinterest

ちょっと幼いころの画像でした。

あしからず・・・

長男:本田太一さん

長女:本田真帆さん

次女:本田真凜さん

三女:本田望結さん

四女:本田紗来さん

の方々です。

ご両親は、

父親:本田竜一さん

母親:本田真紀さん

長女の本田真帆さん以外は全員フィギュアスケートをやられています。

本田真帆さんはフィギュアスケートや芸能活動などは一切しておらず、現在も一般人女性ということのようですね。

なのでメディアでの画像や報道などはありませんでした。

長女以外はフィギュアスケート選手というご兄弟。

本田望結さんのスケートの成績はどうなのでしょうか。

本田望結のフィギュアスケートのレベルや成績は?

本田望結さんのスケートの経歴を見てきましょう。

引用:pinterest

2011年7月:関西大学主催「氷の甲子園」小学3年生以下で優勝(2回転ジャンプを決める)

2013年:「第17回全日本フィギュアスケート ノービス選手権大会」ノービスB女子 8位(56.08)という得点を出す。

2014年:「近畿ブロックフィギュアスケート大会 ノービスB女子」2位(67.19)を叩き出しました。

2015年:「近畿ブロックフィギュアスケート大会ノービスA女子」4位(74.35)

2016年:「近畿ブロックフィギュアスケート大会ノービスA女子」3位(79.68)

2017年:「第34回西日本ジュニア選手権大会」14位(143.19) 全日本フィギュアスケートジュニア選手権大会の初出場(20位)

2018年:「西日本ジュニア選手権大会」8位(150.62) 全日本ジュニア選手権大会12位(147.17)

2019年:「西日本ジュニア選手権大会」17位(135.48)

2021年:「フィギュアスケート東京選手権 フリー」23位(111.02)

最後の2021年の大会では「東日本選手権」の出場権がかかっていました。

しかし本田望結さんは3回転サルコーでの着氷に続き”転倒”をしてしまいました。

演技終了後のインタビューでは、「やることはできたんですけど、やることとかできることのレベルが低いので」とのコメントをされていました。

意外とあっさりしている様子だったようですね。

切り替えが早のでしょう。

これまで数々のタイトルを獲得している本田望結さん。

これからの活躍に期待です。



本田望結がスケートを始めたきっかけは?

本田望結さんがスケートを始めたきっかけは何だったのでしょうか?

スケートを始めたのは3歳の頃からで、同時にお芝居の仕事も始められたそうです。

スケートでは兄が練習する姿をみていたときに、兄の当時の指導者から「寒いから一緒にやりなよ」と声をかけられたことがきっかけだったようです。

まあそういうふうに誘われる以前からスケートは大好きだったようですけどね。

お芝居のお仕事の合間には必ずスケートの練習をしていたとか。

もともとお兄様の本田太一さんはフィギュアスケートではなくアイスホッケーをやっていたようで、本田望結さんはスケートを上手に滑るためにフィギュアスケートを始めました。

でもアイスホッケーといえばぶつかり合いが多々あります。

今後の怪我のことも考えてフィギュアスケートだけを練習するようになったそうです。

なのでスケート始めたきっかけは長男の本田太一さんでしでた。

では、スケートだけではなく芸能界でのお仕事もされている本田望結さん。

メディアではどのような活躍があるのでしょうか。

本田望結のメディアでの活躍は?

本田望結さんはフィギュアスケーターとしてだけではなく、女優としても活躍されています。

2011年に放送されていた日テレ系ドラマ「家政婦のミタ」は視聴率40%を叩き出した大ヒットドラマとなりました。

当時7歳の本田望結さんは子役として出演されていました。

それから女優としてドラマだけではなく映画やCMなどにも多く出演されています。

更に2021年6月には本田望結さん(17歳)自身が作詞した楽曲「サクラクライ」で歌手デビューされています。

このときはとても美しい歌声として話題になっていました。

そして2021年7月8日には歌手としての活動第二弾となる楽曲「Dilemma」を2021年8月に配信リリースされています。

「サクラクライ」とは打って変わってダンスパフォーマンスをイメージした作品となっています。

また、YouTuberとしても活躍されています。

You Tubeでは「本田姉妹やで」というチャンネルを始動されています。

いろいろなお顔を持つ本田望結さん。

すごいですよね!

本田望結のプロフィール

引用:pinterest

名前:本田望結(ほんだみゆ)

生年月日:2004年6月1日

出身地:京都府京都市伏見区

血液型:O型

職業:タレント・モデル・女優・YouTuber・歌手・フィギュアスケート選手

所属事務所:オスカープロモーション

まとめ

いかがでしたか?

今回はマルチに活躍されている本田望結さんの高校や実家、フィギュアスケートについて調べてみました。

ご自宅は京都にある超豪邸ではなかろうかと察するところでした。

高校は青森山田高校であることがわかりました。

そしてなんと現在も現役女子高生です。

2023年3月に卒業予定となっていました。

スケートと芸能活動の両立をこなしていらっしゃいます。

とてもご多忙であるものの、いろいろなことにチャレンジする姿はとても素敵ですね。

まだ10代の後半です。

これからも注目です!

こちらもどうぞ!

浅田真央の彼氏は羽生結弦?父親の現在!

浅田舞の歴代の彼氏は?渡辺翔史!?



コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました