八村塁(バスケ選手)の弟もバスケをやっているの?高校時代についても調べてみた!

八村塁は今最もバスケでは注目されています。その八村塁には弟がいるようですがバスケをやっているのでしょうか。また八村塁の高校時代はどうだったのでしょう。今回は八村塁の弟もバスケをやっているのかや、八村塁の高校時代について探ってみました。


スポンサーリンク

八村塁が率いる日本代表がオーストラリアに勝利!

バスケットボールの八村塁が今とても注目されています。

今日本中でバスケの八村塁選手を知らない人がいないのではというくらい有名ではないでしょうか。

八村塁選手は「FIBAバスケットボールワールドカップ2019」で日本代表選手に選ばれています。

6月29日に行われた「FIBAバスケットボールワールドカップ2019 アジア地区 1次予選」では、日本代表がオーストラリアと対戦し79-78で日本代表が勝利を飾っています。

この試合以前の結果は、6月15日と6月17日に行われた韓国との戦いが東京と八村塁選手の母校がある宮城の仙台で行われました。

1試合目は勝ちましたが2試合目を落としてしまいました。

6月15日に東京で行われた試合は88-80で日本代表チームが勝利をしましたが、6月17日に仙台で行われた試合は87-99で敗れて今いました。

しかし6月29日オーストラリアとの戦いは勝利をおさめています。

八村塁選手はこの3試合を終えてからコメントしています。

僕がいないとき、前の試合で(オーストラリアに)一度負けていて、自信もなかったんじゃないかと思います。だから僕が最初にいって、チームに自信を与えたいと思ってプレーしました。

オーストラリアは世界でも上の方のチームなので、難しい試合になるというのは誰でも分かっていたと思います。その中で焦らずにやることが大事だったけれど、今回はそれができた。日本でやるのも久しぶりでしたが、こういうふうにいっぱいの観客の前で勝てて、気持ちよかったです。これからの日本バスケのために大事な1勝だったんじゃないかと思います。

僕はNCAAでやっているので、同じようにできました。フィジカル面は(今日の試合よりも)NCAAの方が少し強いかもしれないです。オーストラリアは大きいですけれど、NCAAはさらに動けたりするので。

(6月15日、17日の韓国戦は)1勝したんですけれど、2試合目で負けてしまいました。でも悪いところを見つけられて、修正する時間をとれた。いい形でオーストラリア戦を迎えられたと思います。

(U−19W杯で敗れたオーストラリアにリベンジをしたが)そのときはオーバータイムまでいって負けたと思うんですけれど、A代表になって同じ相手に勝てて良かったです。今日はチームで祝って、明日はしっかり切り替えてチャイニーズ・タイペイのスカウティングもしっかりして、月曜の試合に向けてちゃんと取り組みたいと思います。
引用:スポーツナビ

このようにゲームの反省点や次のゲームへ向けての抱負なども語っていました。

デビュー戦となる韓国との試合では、サイズやフィジカル面で劣る日本チームと言われていました。しかしそんな不安要素を一掃しました。ゴールしたのプレイで絶対的な存在感を発揮して、17得点7リバウンドの数字をあげる活躍をしています。

総理バンド数でも日本が42で韓国が38という結果で、日本が韓国を上回りました。

素晴らしいスタートを切っていますね。

そんな八村塁選手ですが、なにやら弟もバスケをやっているとか。




八村塁の弟は明成高校高校にいるの?

八村塁選手には弟がいます。その弟の名前は「八村阿蓮(はちむらあれん)」さんです。

身長は194㎝でポジションはセンターです。

兄の塁選手の身長が203㎝です。兄弟2人とも身長がありますね。

そして通っている高校は、兄の八村塁選手が通っていた宮城明成高校です。

阿蓮さんも兄の塁選手同様にこのチームの要として活躍しています。

確かに身長がありセンタープレイが主になるとは思いますが、阿蓮選手はゴール下のみならずミドルレンジでのプレイも素晴らしいものがあります。塁選手と同じようにシュートセンスは抜群です。

要するにセンタープレイだけではなく、コート上でのプレイ範囲がかなり広いプレイヤーということです。相手にとっては予測しずらくとていも嫌な選手であり驚異ですよね。

そしてハンドリングもいいですし、フィジカルの強さも持ち合わせていて、アグレッシブなプレイも魅力的ですね。

シュートのタッチの良さ、レアップ時のステップの広さとスピード感は少々周りの選手とは違いますね。

いずれにせよバスケに関しては兄の塁選と同様にセンスがあるようです。

八村塁の弟の進路は?

八村塁選手の弟である八村阿蓮さんは、現在宮城明成高校に通っていますが、その先はどうするのでしょうか。

塁選手と共にU-18の日本代表選手に選出されて、明成高校をインターハイとウィンターカップの両方を全国優勝をつかみ取っています。

兄の塁選手は明成高校卒業後、アメリカの「ゴンザカ大学」へ留学しています。もうすでにNBAでの活躍が期待されるほどにまでなっています。

弟の阿蓮選手は今年の春から関東の「東海大学」へ進学しました。

塁選手のようにアメリカのNBA問う選択肢は今のところないようで、大学を卒業後は日本のBリーグを目指しているようです。

この阿蓮選手が本当にBリーグにデビューしたら、日本のバスケットボールはそうとう盛り上がることでしょう。

とても楽しみなところであります。

八村塁の両親は?

八村塁選手と阿蓮選手のご両親についてみていきましょう。

父親は「ベナン」で母親は「日本」の方です。

この「ベナン」は西アフリカのベナン共和国といことです。

八村塁選手のご両親の詳細に関しては、あまり詳しい情報がありませんでした。

これから活躍する選手ですから、きっと何か情報が出てくることでしょう。何か新しい情報が入り次第追記をしていきます。

八村塁には妹もいるの?

実は八村塁選手には妹さんもいます。

妹さんの名前は「八村安美菜(はちむらあみな)」さんです。

現在はあの強豪と言われる「明星学園」に通っているそうです。

身長は172㎝とうことですから、決して大きな選手というわけではないようですね。

高校を卒業後は実業団へ進むのではとの情報もあります。

兄弟全員がバスケットボールをやっています。3人ともこれからがとても楽しみですね。




八村塁の英語力はどのくらい?

ご存知の通り八村塁選手はハーフです。お父様の母国ベナン共和国ではフランス語で会話をしているようですが、八村兄弟のバイリンガルはどうなのでしょうか。

現在、アメリカの大学に通っている塁選手の英語の実力派はどなのでしょう。

実は塁選手は、渡米する前に大学内の英語学校(ESL)に3カ月通っていたそうです。

そのとき英語はあまり得意ではなかったのではとの噂があり、英語でのインタビューはあまり受けたくなかったようです。

このゲーム動画での最後にインタビューがありました。

子のインタビューを聴く限り決して英語が下手ではないようなきかがしますが、まだ記者会見もしたくないとか。

ゴンザカ大学に行ってからコーチの指示や話してる内容があまり理解できなかったそうですが、現在は日常生活にも困らないくらい映画ができるようになり、コミュニケーションもしっかりと取れるようになっているようです。


スポンサーリンク

八村塁のプロフィール

氏名:八村塁(はちむらるい)
生年月日:1998年2月8日
出身地:富山県
身長:203㎝
体重:102㎏
出身校:富山市立奥田中学校⇒宮城明成高校⇒ゴンザガ大学
ポジション:SF/PF

八村塁(バスケ選手)の弟もバスケをやっているの?高校時代についても調べてみた!まとめ

今回はまさに今活躍中の八村塁選手とその弟や家族についてと、出身高校につてい調べてみました。現在はアメリカのゴンザガ大学に通っていますが、日本代表選手としても選出されています。ついこの間の韓国戦やオーストラリア戦でも大活躍をしています。

また弟の八村阿蓮選手も今年のはるから東海大学に進学しています。

これからもちゅうもくですね。

こちらの関連記事もよくよまれています↓

八村塁ばバスケの日本代表選手!ドラフトはどうなるのか?

田臥勇太(バスケ)の結婚相手は誰?現在の年収はどれくらいあるのか調べてみた!

馬場雄大(バスケ選手)の高校時代は?父親との関係を調べてみた!

富樫勇樹(バスケ選手)の結婚相手は?嫁は秋田の有名人!

富樫勇樹(バスケ選手)の髪型がカッコイイ?インスタなどを調べてみた!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

error: Content is protected !!